poetry nogizaka in starkly minor

真逆の世界観を持って乃木坂46を愛している人間が彼女たちに捧げるド短調な詩です。

David Sylvian Nostalgia 和訳


Voices heard in fields of green
Their joy their calm and luxury
Are lost within the wanderings of my mind

緑の野原で聞こえる声
その楽しさ 穏やかさ 喜びは
わたしの想いの迷路の中に消える

I'm cutting branches from the trees
Shaped by years of memories
To exorcise their ghosts from inside of me

わたしは刈り込んでいる
何年もの記憶に形造られた木々の枝を
それら思い出の亡霊たちを
わたしの内部から追い払うために

The sound of waves in a pool of water
I'm drowning in my nostalgia

水たまりから聞こえる波の音
わたしはノスタルジアに溺れている


欅坂46 風に吹かれても 英訳


枯葉がひらひら 空から舞い降りて
舗道に着地するまで 時間を持て余してた
思っていたより地球はゆっくりと回っている
胸の奥に浮かぶ言葉を拾い集めよう

Dried leaves fluttering down from the sky
Had lots of time till landing to a pavement
The earth turns slower than I thought
Let's gather words coming deep from heart

ずっと前から知り合いだったのに
どうして友達なんだろう?
互いがそんな目で意識するなんてできなかった
We've known each other long time
Why we still remains just friends
We couldn't see ourselves as opposite sex


風に吹かれても
何も始まらない
ただどこか運ばれるだけ

Being in the wind
Nothing's happening
You are just carried somewhere

こんな関係も
時にはいいんじゃない?
愛だって 移りゆくものでしょ?
アレコレと考えてもなるようにしかならないし

Relationship like this
At times isn't so bad I guess
Love changes
Your worries don't stop this
* 1





あの枝で揺れている 一枚の葉みたいに
未来の君の気持ちは 予想がつかなかった
なぜ奇跡的なチャンス見逃してしまうんだろう
時が過ぎて振り返ったら ため息ばかりさ

Like the leave swaying on that branch
I couldn't predict how you would feel tomorrow
Why I let pass miraculous chances ?
I have lots of sigh looking back at this

ふいにそういうアプローチをすると
やっぱり気まずくなるのかな
恋愛の入り口に気づかない方が
僕たちらしい

I wonder if a sudden approach like this
Will make it awkward
Rather it suits us not to notice
The beginning to relationship


風が止んだって ハッピーでいられるよ
そばにいるだけでいいんだ
そんな生き方も 悪くはないんじゃない?

We could be happy even if the wind ceased
Just being around is enough
Life like that isn't bad I guess

愛しさがずっと続くだろう
ハグでもキスでもない
曖昧なままで so cool!

Loving will continue
Not hugging not kissing
In ambiguous attitudes so cool
* 2





成り行きに流されたら どこへ行くの?
あんなに眩しい太陽の日々よ
かげり行く思い出が消えるまで
僕たちは空中を舞っていよう
人生は 風まかせ
さよならまで楽しまなきゃ

Where're we going as we're drifted along ?
Those dazzling sun days
Til weakening memories disappear
We will float in the air
Our life left to the wind
Let us enjoy ourselves until we say goodbye


* 1 Repeat

* 2 Repeat




欅坂46エキセントリック 英訳


あいつがああだって言ってた
こいつがこうだろうって言ってた
差出人のない噂の類い
確証ないほど拡散する

This guy said this
Another guy said that
Kind of rumor without the sender
Less it's evident more it spreads

意外にああ見えてこうだとか
やっぱりそうなんだなんてね
本人も知らない僕が出来上がって
違う自分 存在するよ

He looks like this but really not
He is just like I thought
They create a person I don't even know
Another me begins to exist

何が真実(ほんと)なんてどうでもいい
わかってもらおうなんて無理なんだ
倒れて行く悪意のドミノ
止めようたって止められない

I don't care what is truly true
Impossible to make you understood
A toppling domino of mailce
You can't stop it

訂正したとこで
また同じことの繰り返し
もう、そういうのうんざりなんだよ

Being corrected
It repeats itself
I'm fed up with all this

誰もが風見鶏みたいに
風の向き次第で
あっちこっちへとコロコロ変わる

Like weathercock
Depending on the wind
Everybody changes their direction

世間の声に耳を塞いで
生きたいように生きるしかない
だから僕は一人で心閉ざして
交(まじ)わらないんだ

Covering my ears at their voices
I have no choice but to live my way
So alone closing my heart
I don't mix with


I am eccentric
変わり者でいい
理解されない方が よっぽど楽だと思ったんだ

I am eccentric
I don't mind being an eccentric
I thought it's much easier not to be understood

他人(ひと)の目 気にしない
愛なんて縁を切る
はみ出してしまおう
自由なんてそんなもの

I don't care other people's eyes
I'll have nothing to do with love
I'll drop out of all this
Such is the freedom I guess





あれってああだって聞いたよ
ホントはこうらしいって聞いたよ
推測だらけの伝言ゲーム
元のネタはどこにある?

I heard this was that
I heard it would be really this
Telephone game all guess
Where's original story ?

絶対誰にも言うなよ
ここだけの話って耳打ち
漏れない秘密 いつも筒抜けで
口が固い奴などいるものか

Never tell this to anyone
Whispering this is just between you and me
Secrets not to leak always leaked out
Nobody going to keep a secret

もう誰が味方かなんてどうでもいい
損得は関係ない
信じる 信じない
無責任な友達ごっこ

I don't care who is a friend or not
Loss and gain no concern to me
To believe or not to believe
Irresponsible playing at being friends

肯定も否定も嘘も
都合いいようにされるだけ
もう、そういうの勘弁してよ

Affirmation, denial, and lies
They turn them to their advantage
Now, give me a break

すべてがフィクション 妄想だって
大人げないイノセンス
嘘とか欺瞞に溢れる世界

They say everything is fiction or delusions
Clever innocence
World full of lies and deceptions

キレイな川に魚はいないと
したり顔して誰かは言うけど
そんな汚い川なら
僕は絶対泳ぎたくはない

Fishes don't live in clear water
Someone says knowingly
In so dirty a river
I want to swim never

I am eccentric
変わり者でいい
普通なんかごめんだ
僕は僕でいさせてくれ

I am eccentric
I don't mind being an eccentric
Normal I don't want to be
Let me just myself

敬遠されたって
好きなように生きてくよ
カメレオンみたいに同じ色に染まれない

They can skirt me
I'm going to live as I please
I can't change my colour like a chameleon

冗談じゃない
興味もない
合わせたくない
そんなにあんなに器用じゃない

I am not joking
I am not interested
I do not want to go along with you
I am not clever enough for that

普通でいることって何だ?
僕は普通と思ってる
みんなこそ変わり者だ

What is it to be normal ?
I think I am normal
You all are eccentric, aren't you


* Repeat




欅坂46月曜の朝、スカートを切られた 英訳


どうして学校へ行かなきゃいけないんだ
真実を教えないなら
ネットで知るからいい

Why do I have to go to school ?
If they don't give you truths at school
It's OK I'll get them on the net

友達を作りなさい
スポーツをやりなさい
作り笑いの教師が
見せかけの愛を謳(うた)う

Make friends
Do sports
With a forced smile
The teacher preaches fake love

反抗したいほど熱いものもなく
受け入れてしまうほど従順でもなく

You are not so passionate
As want to rebel against grownups
Not so obedient as accept what they say

あと何年だろう
ここから出るには…
大人になるため
嘘に慣れろ!

I wonder how many years it takes
Before I get out of here …
For society to recognize you as an adult
You must get yourself used to lies !


月曜日の朝、スカートを切られた
通学電車の誰かにやられたんだろう
どこかの暗闇で
ストレス溜め込んで
憂さ晴らしか
私は悲鳴なんか上げない

On Monday morning my skirt was cut
It happened on the train to school
Somewhere in darkness
Somebody feeling stressed
Venting it out on me
I won't give a shriek






これから先もずっと電車は満員で
夢も希望もないのに
各駅停車かい?

The trains will always be packed
Without dreams or hopes
They stop at every station ?

努力は報われますよ
人間は平等ですよ
幸せじゃない大人に説得力あるものか

Your efforts will be rewarded
People are equal
You are not persuaded
By what unhappy adults say

死んでしまいたいほど愚かにもなれず
生き永らえたいほど楽しみでもない
もう持て余してる残りの人生
目立たないように
息を止めろ!

You can't be so stupid as want to die
Life isn't so fun as you want to keep living it
Already too much is the rest of life
In order not to stand out
Hold your breath !

誰もが何かを
切られながら生きている

We live
While something of us being cut

よく晴れてた朝、
スカートを切られた
無視された社会の隅に存在する孤独
自分はここにいる それだけ伝えたい
したり顔で
あんたは私の何を知る?

On a fine morning
Somebody cut my skirt
Loneliness of living unnoticed
In a corner of society
Just telling I'm here
With a knowing face
What do you know about me ?


* Repeat



乃木坂46ジコチューで行こう!英訳


坂を駆け上がって
肩で息しながら
強い日差しの中
入江の向こうに広がる海原

Running up the slope
Panting
In the intense sunlight
Beyond a bay the open sea

ずっと抱えてた悔しいことが
何だか ちっぽけに見えて来た
やめよう!もう…

This regret I've always had
Somehow it looks puny now
Enough of it ! No more …


この瞬間を無駄にはしない
人生あっという間だ

I will not waste this moment
Our life passes in an instant

周りなんか関係ない
そうだ 何を言われてもいい
やりたいことをやるんだ

I don't care what people think
Yes they can say anything about me
I will do what I want

ジコチューだっていいじゃないか*
マイウェイ
マイウェイ

You can be self-centered all right
My way
My way





嫌なことが全部
汗で流れ落ちれば
エゴサばかりしてた
今日までの自分も生まれ変わるかな?

If all bad things were
Washed away in sweat
Always egosearching
This me today would be born again ?

目立たないのが一番楽で
叩かれないこととわかったよ
だけど もう…

I know now keeping my head down
Is the easiest way to avoid bashing
But …

この青空を無駄にはしない
夕立もきっと来るだろう

I will not waste this blue sky
Surely there will be a shower

今しかできないことがある
絶対 どんなに呆れられても
思い通りやるべきだ

There are things you can do only now
However you horrify people
You should do them as you want

嫌われたっていいじゃないか
マイペース
マイペース

Being disliked is all right
My pace
My pace


* Repeat


みんなに合わせるだけじゃ
生きてる意味も価値もないだろう
やりたいことをやれ
ジコチューで行こう!

In conforming to people around
No meaning or worth in your life
Do what you want to
Let's go self-centered !



* この言葉の他にもっとふさわしい英語をご存知の方はお知らせ下さい


欅坂46世界には愛しかない 英訳

「歩道橋を駆け上がると、
夏の青い空がすぐそこにあった。

"Running up a pedestrian bridge
There before my eyes the summer blue sky

絶対届かないってわかっているはずなのに
僕はつま先で立って
思いっきり手を伸ばした。」

Knowing it's absoluetly unreachable
Standing on tiptoe
I reached for it as far as I can"

ただじっと眺め続けるなんてできやしない
この胸に溢れる君への想いが
もどかしい

It's impossible to just keep looking
With my heart full of feelings for you
I don't know what to do

「真っ白な入道雲がもくもくと近づいて、
どこかで蝉たちが一斉に鳴いた。
太陽が一瞬、怯(ひる)んだ気がした。」

"A white volumed bank of cloud came
Somewhere cicadars shrilled all at once
For the instant the sun seemed to flinch"

「複雑に見えるこの世界は
単純な感情で動いている。」

"Seemingly complicated
this world is going with simple emotions"



最初に秘密を持ったのはいつだろう?
大人はみんな嘘が多すぎて忘れてる

I wonder when I first had a secret
Full of secrets grownups don't remenber

通り抜ける風は 僕に語りかける
もう少ししたら夕立が来る

The wind blowing through speaks to me
In a little while there will be a shower


世界には愛しかない
(信じるのはそれだけだ)
今すぐ僕は君を探しに行こう

In the world there is nothing but love
( It's all I believe )
Right now I'll go looking for you

誰に反対されても(心の向きは変えられない)
それが (それが) 僕の (僕の) アイデンティティ

No disapproving change my heart's direction
That's my identity






「空はまだ明るいのに、
突然、雨が降って来た。
僕はずぶ濡れになりながら、街を走った。」

"The sky was still light
Suddenly it started to rain
Soaked I ran through the town"

「夕立も予測できない未来も嫌いじゃない。」

"I don't mind a shower or unpredictable future"

最後に大人に逆らったのはいつだろう?
あきらめること強要されたあの日だったか…

I wonder when I went the last time against grownups
Was it the day I was forced to give up …

アスファルトの上で
雨が口答(くちごた)えしてる
傘がなくたって
走りたい日もある

On asphart road
Raindrops are talking back
Even with no umbrella
In a day like this you want to run

未来には愛しかない
(空はやがて晴れるんだ)
悲しみなんてその時の空模様

Nothing but love in the future
( The sky will be cleared in time )
Sadness is just a temporary look of the sky

涙に色があったら
(人はもっとやさしくなる)
それが (それが) 僕の (僕の) リアリティー

If tears had colours
( People would be kinder )
That's my reality



君に遭った瞬間
何か取り戻したように
僕らの上空に虹が架かった

The instant I met you
As if taking back something
A rainbow hung over us


* Repeat


「全力で走ったせいで、息がまだ弾んでた。
自分の気持ちに正直になるって清々しい。
僕は信じてる。世界には愛しかないんだ。」

"Having run as fast as possible I still panted
It's refreshing being true to your own feelings
I believe there is nothing but love in the world"






ずっと遠い昔のこと

乃木坂一期生のみんなに捧げる



明けていく
空をわたしは見ていた…


どこかで
もう一つの命が
ずっと昔
あなたと二人
こうして空を見ていた
気がする
わたしたちの
星をめぐる
大きな月
白い月が
ぽっかり青い空に
浮かんでいて
その月に
いるはずの
わたしの
失くした
大切な人を思って
わたしは泣いた
あなたは
その涙を拭いてくれた
ずっと遠い昔のこと…
あなたはどこに行ったのだろう
わたしはどこにいるのだろう
手を伸ばせば
つかめそうな
大きな月
空に
浮かんでいるのが
不思議なくらいの
大きな月
涙がにじむのは
あなたがそこにいる
からかもしれない
わたしは
ずっとこうして
空を見ていた
一人きりで
遠い過去の今も
遠い未来の今も
こうして見ていた
わたしたちの
星をめぐる
大きな月
空に
不思議に
浮かぶ球体を


遠い昔
遠い未来
忘れた顔に
何度も
出会い
何度も
忘れて
忘却のふちに
沈み
忘却のふちから
よみがえる…




あなたは
まだ誰も見たことのない
海を知っている

時の果てで
海があなただけに
見せた美しい表情

わたしに
その海を教えて
誰も知らない
その海を
あなたの海を

いつかそれは
わたしの海になって
二人の海になって
わたしたちは
その海に出ていく

誰も知らない
誰も見たことのない

輝く沖へ





春のメロディー 中田花奈に

冷たい風が
長い髪を乱し
顔に容赦なく
吹きつけるのを
嫌っていた
公園の木々が
空に広げる
裸の貧しい枝
底冷えがして
白い雪が
ちらちら落ちてきて
空は灰色の雲で
覆われていた日々
あんなに春になるのを
待ちわびていたのに
ある時
光の中に
冬の終わりを予感する
この喪失感はなに?
あなたはそんなふうに
私から去って行ったのを
思い出す
去年の今頃も
そしてずっと前から
あなたはこうして
私から去って行った
残された私の気持ちなど
まるで関心ないように
君は僕のことを
忘れるだろう
近づく春の
優しい足音とともに
僕の存在は次第に
希薄になっていく
君はもう僕の顔を
本当は見ていない
私はあなたのことを
愛していたの?
この心の欠けた感じは
私には決して
満たされることは
ないもののように思える
君は僕を忘れていく
少しずつ
そして完全に
忘れたことさえも忘れて
でも僕は
再びやって来るだろう
長い情熱的な
君の夏が終わり
色づいた木々の葉を
散らす
最初の冷たい風となって
君の心に
嫌悪と深く秘められた
愛を
また見つけ出すために




.

衛藤美彩に

しずかに流れる
音のない水に
花のように
ただよう顔を

誰もが見ていた
見ていなかった
忘れられていた

美しい水の
底へ
オフェリア
おまえは
長い眠りから
さめて
溺れるように
息をすい息をはき
愛しい人をさがし
始める



.

深川麻衣に

夜、稲妻が閃くと
驚くほど明るい
青空が見えることがある
そんなふうに
私の恋は
終わって始まった

あなたは
いつ私の前に
現れたのだろう
空は明るいのに
急に滝のように
降ってきた雨に
傘も持たない私が
雨宿りする場所もなく
名前も知らない
白い花の前で
立ちつくしていた時
あなたもそこにいた
のではなかったか
私の耳で聴こえない
雷鳴が鳴っていた
あの夏の午後

昨日の記憶はない
何も覚えてはいない
でもどこか
懐かしく
記憶のない現在に
あなたはいる
あなたはどこから
来たのか
何故
私の前にいるのか
答えはない
答えは
一瞬の青空と共に
あの時消えてしまった
のかもしれない
聴こえない雷鳴のように
私の耳でずっと鳴って
いるのかもしれない
そして
あなたはいる
私の前に
過去もなく
現在もなく
未来もなく
私の前に
あなたの微笑みだけが
あの時
辛抱強く
雨に打たれていた
fragileで
それでいて
どこかたくましい
あの白い花のように
在る

ここから
どこへ行けばいいのか
どうすればいいのか
あなたは何も語らない
ただどこか遠くを見て
微笑むだけ
私はわからない
私には何もわからない
ただ
あなたがするように
どこか遠くを見てみる
それはあの日
稲妻と同時に閃いて
消えた天上の空の
ことなのかもしれない

そう
私の過去も現在も未来も
全ては
終わって始まった
あの日
あの白昼の
光る稲妻に一瞬見えない
夜のかいま見えた
あの時

そして今
私はあなたを深く
愛していることを
知る




.

齋藤飛鳥に

こうして
ただ同じことを
繰り返すことしか
できない
同じ生存
同じ死
若くもない
年をとってもいない
何も知らない
すべて知ってしまった
終わる
まだ始まったばかり
そして終ったのに始まって
全ては空しくて
いとおしい
君の名を叫んで
君の名を呼んで
君には聞こえない
だって
君はいないから
単純な話
涙がでてくるよ
空から雨が降ってくる
雪が降ってくる
僕には分からない
過去から未来へ
時間はどこに
行ってしまうのだろう
僕はここにいる
たぶん君も
僕たちはずっとここに
いる
年もとらないで
生まれることもなく
優しく
埋葬されて
僕たちの上に
きれいな花が咲く
きっと君は
その花を摘んで
僕たちの時間を
思い出す
そう
僕たちはここにいる
何の意味もなく
意味も求めず
君は意味深に笑う
あの目配せは何だったの?





.

白石麻衣に

こうして
あなたはわたしに
わたしはあなたに
たどり着き
この見棄てられた
時間と場所で
ふたりは
たがいの瞳に
互いを映し
手と手をからめ
唇に唇をかさね
二人だけのものになって
遠くからきて
遠くまでいくように
愛しあい
死んだように眠り
スコールの
遠い雷鳴がきこえる
世界のない
二人だけの時間に
迷いこんで
帰れない
出口の見つからない
ラビリンスの
永遠の愛の休日に
ふたりは溺れる




.

Die Verwandlung 変身

誰にも捧げるつもりはありません



そしてわたしは
この世界から
出ていく
翔び立つ日が
来ることを
その陰鬱な日々の間
心のどこかで
予感していた
その日が来ることを
その歓喜の日が来ることを
その絶望の日が来ることを


変わりゆく
わたしの身体は
その日のため
忌まわしく
美しく
変身してゆく
わたしの
身体は
その日のため
わたしは
それを知らなかった
そのことが
わたしを
どれだけ苦しめただろう
あの苦悩の日々
わたしは
おぞましくも
美しい
わたしの蛹の中で
泣いた
きらきら光る涙を通して見た
この世界は
どれだけ
美しく
醜く
見えただろう
あの苦悩の日々
哀しみの日々
それはこの日のため

美しく
変身した
わたしは
この世界から
出ていく

翔び立つ日






西野七瀬に 2

そして終る
音のしない雷鳴の
ゆっくりと
空を走る稲妻のように
わたしは遠ざかっていく
誰よりも近い
あなたのほうへ
もう一度
見つけて失うために
心の底へと
沈んでいくために
浮き上がる
涙が
生まれては
そこで
しずかな時間を
永遠に
繰り返す
その場所で
もう一度
失なうための
最後の優しいキスを
交わす




.