poetry nogizaka in starkly minor

真逆の世界観を持って乃木坂46を愛している人間が彼女たちに捧げるド短調な詩です。

僕のいない時間を

長い年月が経って別れた恋人を思う…

中元日芽香さんのファンの方に捧げます。


そして
君もまた
どこかで
僕のいない
時間を
僕の知らない誰かと
生きて
こうして
老いてきてるのだろうか
僕のいない
時間を
君は生きて
僕の知らない
しあわせ
悲しみ
君の人生の時間を
生きてきたのだろうか
その長い時のあいだ
どこかで
まだ
そのままで
どこに行きようもなく
途方にくれて
時の
片隅で
忘れられて
あの時の
僕たちは
見つめあったままの
微笑みに
永久に
とり残されたままでいる
.


.