poetry nogizaka in starkly minor

真逆の世界観を持って乃木坂46を愛している人間が彼女たちに捧げるド短調な詩です。

幸福 不幸


地獄へ落ちる人

天国へ行く人

わたし?

わたしはどこにも
いかない
わたしはここにいる
あるいはそこにいる

幽霊?

さぁどうかな…
でも怖がらないで

わたしは
ただあなたたちを
見ているだけだから

見ている、だけだから…

あなたたちの
喜びや悲しみ
幸福や不幸が

わたしを通りすぎていく
わたしを通りすぎていく

わたしは
幸福でも不幸でもない
わたしは

ただ見ているだけ
ここにいて
そこにいて

あなたたちの快楽
悲惨、



遠ざかっていくのを
ただ見ているだけ

(誰かわたしを助けて
って言っても聴こえないか…)