poetry nogizaka in starkly minor

真逆の世界観を持って乃木坂46を愛している人間が彼女たちに捧げるド短調な詩です。

あなたのいない


あなたのいない
朝の光の
冷たさ

思い出す

でもね
わたしは
何も
変わってない
わたしは
あの時と同じ
変わったのは
あなた

あなたは
何も言わずに
出ていった
冷たい朝の
からだを
今 感じてる