poetry nogizaka in starkly minor

真逆の世界観を持って乃木坂46を愛している人間が彼女たちに捧げるド短調な詩です。

Strawberry Switchblade Being cold 和訳

もの悲しい haunting なメロディ−はスコットランドの原風景から聴こえてくるように思えるのです

While we were laughing
We passed from one land to the next
Just as I was thinking
This land goes on forever

笑っているあいだに
わたしたちは別の土地に移っていた
この土地は永遠に続く
そうわたしは思っていたのに

Look out of your window
You say that we moved on
From highland to flatland
On the journey from home

窓の外を見てごらん
高地を通り過ぎて
もう平坦な土地に来てしまった
あなたが言う
故郷からの長い旅路

Hours and hours later
We stop to let some travelers on
You mention the distance we've come
And then drift off again

何時間も時が過ぎて
旅人を乗せるために止まる
こんなに遠くまで来た
あなたが言う
そしてまた
わたしたちは旅を続ける…