儚きものに捧げる

真逆の世界観を持って乃木坂46を愛している人間が彼女たちに捧げるド短調な詩です。

I talk to the wind 和訳

King Crimson の曲ですが わたしは
Judy Dyble が歌っているのが好きです



Said the straight man to the late man
Where have you been
I've been here and I've been there
And I've been in between

真っ直ぐに歩いてきた男が
遅れてきた男に言った
おまえは何処にいたんだ
僕はここに そして あそこに
そして その間に

I talk to the wind
My words are all carried away
I talk to the wind
The wind does not hear
The wind cannot hear

僕は風に話しかける
言葉はみんな風に運ばれて消える
僕は風に話しかける
風には聴こえない
風には聴くことができない

I'm on the outside looking inside
What do I see
Much confusion, disillusion
All around me
You don't possess me
Don't impress me
Just upset my mind

僕は外側にいて中を見る
僕に見えるのは 僕のまわりには
混乱と幻滅
君は僕を所有しはしない
感心させることもない
ただ僕の心を動揺させるだけ

Can't instruct me or conduct me
Just use up my time
I talk to the wind
My words are all carried away
I talk to the wind
The wind does not hear
The wind cannot hear

僕に教えることも僕を導くことも
できない
ただ僕の時間を無駄に使うだけ
僕は風に話しかける
言葉はみんな風に運ばれて
消えていく
僕は風に話しかける
風には聴こえない
風には聴くことができない