poetry nogizaka in starkly minor

真逆の世界観を持って乃木坂46を愛している人間が彼女たちに捧げるド短調な詩です。

乃木坂46 不等号 英訳

炭酸水の泡だって
少しずつボトルの底から
そっと気が抜けるように

As bubbles on soda water
Little by little go out quietly
From the bottom of a bottle

人の心の愛しさも知らぬ間に
どこか逃げてしまうものなのね

So loving in our hearts without our knowing go out somewhere

涙が出ないのはなぜ?
Why don't tears come ?

強いわけじゃない
It's not I'm strong

引き止めたいけど
Wanting to keep you from leaving

仕方ないとあきらめて
Yet resigned to that I can't do that

ため息を肩でついた
I sighed with shoulders


だって私の方が
あなたを好きだから
Because I love you
More than you love me

しあわせだった
付き合えただけでも…
I was happy
Just being by your side…

何をどうしていれば
そばにいられたかな
What I could have done
To stay with you I wonder

恋はいつでも
男と女
不等号
Love is always
Between man and woman
Unequal

開(ひら)いた心 できるなら蓋をして
閉じ込められたら ずっと新鮮なままで

To an opened heart
If I could put a lid to keep it as fresh

今もあなたは飲みかけの炭酸水
きっと口をつけてくれたでしょう

To unfinished soda water
Even now you would put your lips surely

悲しくないわけじゃなく
It's not I'm not sad

泣き顔は嫌い
I just don't like a weeping face

この手伸ばしても
届かないと知っていたわ
I knew I couldn't have reached it

夢なんて儚いもの
Dreams are ephemeral

だけどあなたがいなきゃ
私はいられない
But without you
I can't live

やさしい仕草
独り占めしたくて
Your tenderness
I wanted to keep it all to myself

二人 サヨナラしても
ゼロには戻れない
When we say goodbye
We never go back to zero

半分分けた
思い出だって
不等号
Even our halved memories
Are unequal

こんな日が来る
わかっていたの
それでも私
よかった

A day like this would come
I knew
And yet
I wanted this

だって私の方が
あなたを好きだから
しあわせだった
付き合えただけでも…
何をどうしていれば
そばにいられたかな
恋はいつでも
男と女
不等号

* Repeat