儚きものに捧げる

真逆の世界観を持って乃木坂46を愛している人間が彼女たちに捧げるド短調な詩です。

Solitude standing 和訳

By Suzanne Vega


Solitude stands by the window
She turns her head as I walk in the room
I can see by her eyes she's been waiting
Standing in the slant of the late afternoon

孤独は窓のそばに立っている
わたしが部屋に入ると
彼女は顔を向ける
わたしは知る その眼から
彼女が待っていたこと
遅い午後の傾いだ日の中に立って

And she turns to me with her hand extended
Her palm is split with a flower with a flame

彼女はわたしの方に向く 手を伸ばして
その手のひらは燃える花で割れている


Solitude stands in the doorway
And I'm struck once again
By her black silhouette
By her long cool stare and her silence
I suddenly remember each time we've met

孤独はドアのところに立っている
わたしは もう一度
彼女の黒い影に はっとする
長く冷たい視線に 沈黙に
突然 わたしは思い出す
わたしたちが出会ったそれぞれの時を
* 1



And she turns to me with her hand extended
Her palm is split with a flower with a flame

そして彼女はわたしの方に向く 手を伸ばして
その手のひらは燃える花で割れている

And she says
"I've come to set a twisted thing straight"
And she says
"I've come to lighten this dark heart"
And she takes my wrist, I feel her imprint of fear
And I say "I've never thought of finding you here"

彼女は言う " わたしは曲がったものを真っ直ぐにしに来た "
彼女は言う " わたしはこの暗い心を明るくするために来た "
そしてわたしの手を取る
わたしは彼女の怖れの痕跡を感じる
わたしは言う
" ここで あなたを見つけるとは思わなかった "
* 2


I turn to the crowd as they're watching
They're sitting all together in the dark
In the warm
I wanted to be in there among them
I see how their eyes are gathered into one

見つめている群衆に わたしは顔を向ける
彼らはみんな暗がりの暖かいところに
座っている
わたしはそこに彼らの間にいたかった
わたしは見える 彼らの視線が集められて
一つになっている


* Repeat 2

* Repeat 1