poetry nogizaka in starkly minor

真逆の世界観を持って乃木坂46を愛している人間が彼女たちに捧げるド短調な詩です。

乃木坂46 ブランコ 英訳

君のことを誤解してたんだ
僕を知らないって思ってたんだ
充分 距離を置いたつもりが
ずっと僕は見られていたのか…

I misunderstood you
I thought you didn't know me
I thought I put enough distance
In fact I was watched all the time

一つ空いた端っこのブランコ
風のように偶然座って
漕ぎ始めてしばらくしてから
「いつもここにいるのね」と言った

At the far end
On a vacant swing
Sitting yourself like the wind
And pumping some time
You said " You are always here "

ゆらりゆらり 揺れてたから
君の声が夕焼けに
吸い込まれてしまいそうだ

Swinging
It seems your voice is drawn
into sunset glow

今 僕も
ゆっくりブランコ漕ぎながら
追いつこうとしたよ
あと少し

Now propeling the swing slowly
I'll catch up with you
In a minute


もう これからは
言葉なんか何もいらない
前へ後ろへ
僕らはただ空を泳いだ

From now on
No need for words
Forward and backward
We just swam in the sky




恋について考えたことも
君が愛しいって思ったことも
小さなため息に変えたけど
いつか君と話してみたくて…

My thoughts about love
My longing for you
I turned into a little sigh
Someday I'd like to talk with you

秋の終わり 枯葉が舞う頃
帰り道に何度も通って
あのベンチで誰かを待ってる
君をいつも遠くで見ていた

Toward the end of autumn
When dead leaves dance
On the way home
Passing many times that bench
Always from a distance
I saw you waiting for someone

なぜか今日は さみしそうだ
長い髪がたなびいて
誰かが描(えが)くデッサンみたい

Somehow you look lonely today
Your long hair in the wind
Like dessin somebody draws

一人きり
心はブランコ乗らないまま
歩いているんだね
あの道を…

All alone
Not sitting on the swing
Your mind is walking
On that road

ほら 星空が
このつま先の向こうに広がる
僕でいいなら
このまま一番そばにいるから

Now the starry sky
Spreads beyond this toe
If you let me
I'll be the closest to you


* Repeat


今 夢の中
時間の河が静かに流れて
たった一つの
ブランコだけがここで揺れてる

Now in a dream
A river of time quietly flowing
Only one swing swings here