poetry nogizaka in starkly minor

真逆の世界観を持って乃木坂46を愛している人間が彼女たちに捧げるド短調な詩です。

春のメロディー 英訳

ニュースの後で
いつもの予報士が
身振り手振りで伝えてた

After telenews
The same weather forecaster
Was telling with gestures

明日(あす)の朝から
暖かくなるよって
手柄みたいに…

From tomorrow morning
It's going to be warm
Like her achievement

窓のガラスをノックしている
風はまだ知らない

Knocking at the window panes
The wind doesn't know yet

春のメロディー
聴こえて来た
そっと歌いたくなる気持ち

The melody of spring
Is coming to my ears
I feel like singing softly

目を閉じて思い出すの
彼と花の香り
近い恋の足音

Eyes closed I remember
Him and scents of flowers
Sound of steps of coming love




同じクラスで
顔を合わせる度
ぎこちなくなる私たち

At the same class
Whenever we see each other
We feel awkward

長かった冬
雲たちは遠ざかり
太陽が射す

The long winter is over
Clouds are going away
The sun shines through

雪と誤解は
いつかとけてく
ハート 顔を見せる

Snow and misunderstanding
Will melt away
The heart comes out

春のメロディー
どこからだろう
誰もしあわせになる光

The melody of spring
I wonder where it is coming
The light making everyone happy

夢の花 咲き乱れる
私たちの未来

Dream flowers will bloom
In our future




春のメロディー
聴こえて来た
そっと歌いたくなる気持ち

The melody of spring
Is coming to my ears
I feel like singing softly

軽く
瞼 閉じて
思い出すのよ
泣いたあの夜

Gently
Closing eyes
I remember
That night when I cried

雪が降り始めて
私は傘もささず
濡れて
愛に凍えながら
1人 帰ったことを…
今は懐かしい涙

The snow began to fall
Without an umbrella
Getting wet
Freezing in love
I came home alone…
Those tears are a good old
Memory now