poetry nogizaka in starkly minor

真逆の世界観を持って乃木坂46を愛している人間が彼女たちに捧げるド短調な詩です。

雨のステーション 英訳

By Yumi Arai

新しい誰かのために
わたしなど 思い出さないで
声にさえもならなかった あのひと言を
季節は運んでく 時の彼方
六月は蒼く煙って
なにもかもにじませている

For a new girl
Don't remember me
A word I couldn't even say
The season carrying it into the past
Now it's June and is in blue haze
Blurring everything


雨のステイション
会える気がして
いくつ人影見送っただろう

At a rainy station
Feeling I might meet you
How many people I saw passing




霧深い町の通りを
かすめ飛ぶつばめが好きよ
心 縛るものをすててかけてゆきたい
なつかしい腕の中 今すぐにも
六月は蒼く煙って
なにもかもにじませている

I like swallows flying
Over the misty town street
Throwing away what holding me back
I want to run into your old arms now
It's June and is in blue haze
Blurring everything

* Repeat